#287 広尾学園中学校(共)学校案内を読んでみた



今回は広尾学園中学校の学校案内の私的感想です。

この学校案内は読み手の教養も試される学校案内ですよ。何より英語で書かれている箇所もあり、この単語、どんな意味だったっけ?と思うことも多い。

学校案内の冒頭は映画のプロローグの様な作り。作り込んでますよ、この学校は。

学校の歴史が書かれており、初代会長は板垣退助の夫人、絹子と記載あり。夫を支えながら教養機関の創設に携わるとは素晴らしい方ですね。はい。

  1. 学力向上の要は毎朝の小テスト
  2. 授業の質を高める為の教員研修
  3. 一つの言語しか話さないのは窓も扉もない部屋に住んでいる様なもんだ
  4. なぜを問い、考える授業
  5. 理科は毎週一回、実験・実習授業
  6. 水泳の授業はありません

授業の質には自信を持っている様子。詰め込み型の授業ではなく、体験型授業も多い。基礎は小テストでカバー。

インターナショナルコースがあるのもありますが、海外大学への進学者が非常に多いのも特徴的。理系も強いし。

学校案内を読んでみて、改めてアカデミックな学校だなぁと思いました。授業も楽しそう。施設も充実してそうですし。ただし、入る為の学力が必要ですが。。


 

非常に多くの情報が詰め込まれた学校案内授業の質が高そうなことは何となく分かりました。広尾学園小石川もこんな感じなのかなぁ、なんて思いながら読んでました。広尾学園はレベル高すぎてなぁ。。



にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村