#118 市立横浜サイエンスフロンティア高等学校附属中学校(共)調査報告



  • ◼️設立 2017年(中学校)
  • ※ドナルド・トランプ大統領就任
  • ◼️偏差値
  • 69 ※首都圏模試
  • ◼️試験日程
  • 2月3日 
  • ◼️最寄り駅
  • 鶴見小野駅から徒歩3分程度
  • ◼️校舎   
  • 綺麗で近代的な校舎
  • ◼️進学実績
  • 国公立、有名私大への進学者多い
  • ◼️初年学費 
  • 235,975円

118回目は市立横浜サイエンスフロンティア高等学校附属中学校です。校名の長さはご愛敬。国内有数のサイエンス先進校です。

校名の由来ともなっていますが、京浜臨海研究開発拠点に学校があります。研究開発拠点といっても堅苦しい場所ではなく、スーパーなどあり住みやすそう。

学校は綺麗で敷地も広い。設備は研究に関わるものはかなり充実。

学校研究には科学技術顧問として専門家が50人以上関わっていたり理化学研究所と連携していたり、高レベルの教育が受けられる。

中学校は横浜市内の生徒のみ受験が可能。地頭が良く、個性的な生徒が集まる。独自の視点を尊重する雰囲気がある学校の様です。

 

公立校なので安い学費で高レベルの教育が受けられる。教育方針として「驚きと感動による知の探求」を掲げており、普通の学校とは異なる体験型、実験型授業があるのも魅力。理系分野を究めたい生徒にはオススメの学校。

こういう学校が増えたらいいですね。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村